PR

キャンプ道具買いたいから家計簿を見直してみた【住宅ローンの借り換え編】

キャンプ用品

キャンプを始めてみたいけど、道具を揃えるのに思ったよりお金がかかるんだな…

そんなときに有効なのが家計簿の見直しです。

特に住宅ローンの借り換えは、労力に比べて支出額が大きく減少する場合も多いです。

そこでこの記事は、住宅ローンの借り換えについて詳しくお話しします。

家計をスリム化して、お好みのキャンプ道具をゲットしましょう!

実は、私もローンの見直しを実際やってみて、かなりの返済額を支払わずにすみました!

本当に見直ししてみてよかった!と思えたので、私の経験談をお伝えしますね。

細かい話はどうでもいいので、自分にとって最適な住宅ローンをまず知りたい人はコチラ

住宅ローンの借り換えって何?

簡単に言うと…

住宅ローンの借り換えとは、今の住宅ローンを新しいローンに切り替えることです。

金利が下がり、毎月の返済額が減ることがあります。

どうして借り換えるの?

金利が低いローンに借り換えると、総返済額が減るんです。

つまり、毎月の支出を減らして、その分を他の用途に回せるということ。

例えば『とことんお気に入りのキャンプ道具を揃えて、キャンプに出かける!』ことも夢ではなくなります。

借り換えのメリットとデメリット

メリットは主に金利の低下による返済額の減少です。

たった1%金利が下がることで、総返済額が数百万円になる事例もあります。

ただし借り換えには審査があり、通らない場合もあります。

また、契約手続きで必要な資料を揃えるなどの手間や、手数料がかかることを覚えておきましょう。

総返済額を減らす!借り換えパターン

パターン1: 毎月の返済額を減らす

ローンの支払額の内訳は、元本と利息です。

現在のローンより金利が低くなると、利息が減るので、毎月の返済額を減らせます。

手数料などの諸費用を含めても総返済額が低くなるなら、借り換えしたほうがお得です!

パターン2: 返済期間を短くする

パターン1のように、金利が下がると毎月の返済額が減ります。

このとき毎月の返済額はこれまでどおりとして、元本を多く支払っていきます。

そうすれば、返済期間が短くなり、同じ金利条件であれば総支払額はパターン1よりも減ります。

ただし、変動金利の場合は注意が必要です。

最初の数年間は低く設定されていますが、将来の金利変動で高くなる可能性があることを忘れないようにしましょう。

実際に借り換えを行ったら【私の場合】

2016年6月、1通のDMがうちに送られてきました。

うちを建ててもらったハウスメーカーがグループ銀行でお得なローンプランを始めました的な内容でした。

その頃は、住宅ローンの借り換えというもの自体、全く知らなかったので、DMを見てびっくり!

なんと数百万円も総支払額が下がると書いてあるではないですか。

ちなみにもともと固定金利でしたが、さらに金利が低い固定金利プランへの借り換えです。

そこから、もっとお得なローンがあるのかもと思いたち、他の銀行のプランも調べまくりました。

ですが私の場合は、結局DMのプランがいちばんだったので、コチラでお願いすることにしました。

ちなみに毎月の返済額を減らすこともできましたが、より総返済額が減る返済期間を短くするプランに借り換えました。

結果的に、数百万円の総返済額を支払わずに済むことになりました。

そして、その一部でキャンプ道具を揃えて、現在はキャンプを思いっきり楽しんでいます♪

しかし膨大なプランから、自分にいちばん合うものを見つけるのは、至難の業です。

そこで、おすすめはモゲチェックというサイト。

現在のプランを入力するだけで、自分にもっともお得なプランをピックアップしてくれます。

ちなみに前回借り換えをしてから数年経っていたので、私もチェックしてみましたが、現在のプランで最適なローンだという結果になりました。

損していないことがわかり、ほっと一安心です。

モゲチェックのいいところは、しつこい勧誘の電話がないところ。

週に1回くらいPRのメールがくるくらいですので、鬱陶しく感じることは無かったです。

手続きは簡単。スマホで5分の入力だけで、翌日に結果が届きます。利用は無料です。

まずは現在のローンプランが最適なものかどうかだけでも、チェックしておいて損はないと思いますよ。

借り換えのタイミング

金利が低い時期を狙う

借り換えをするベストなタイミングは、金利が低い時期です。

経済ニュースをチェックして、金利が下がったタイミングで行動しましょう。

返済期間がまだ長い場合

まだ返済期間が長い場合、借り換えの効果は大きくなります。

早めに行動することで、長期的に見て大きな節約が可能です。

借り換えの準備

①現在のローンを把握しよう

まず、自分のローンの状況を把握することが大事です。

残高、金利、返済期間などは最初のうちは分かっていたとしても、日々の暮らしの中ですっかり忘れてしまうものです。

まずは改めて内容を確認しておきましょう

②新しいローンを探そう

次に、借り換え先のローンを探します。銀行やインターネットで情報を集めましょう。

金利や手数料、条件などを比較することが大切です。

③シミュレーションを使おう

多くの銀行や金融機関のウェブサイトには、借り換えシミュレーションがあります。

これを使って、どれだけ返済額が減るかを具体的に確認しましょう。

基本的にはこのステップを踏めば間違いではないんですけど、とはいえ、膨大にある住宅ローンの中で自分にもっとも向いている最適プランを探すのは、時間と労力がかかります。

モゲチェックなら、現在の住宅ローンの内容を入力するだけで、総返済額が最も減る住宅ローンをピックアップしてくれるので、面倒な手間を省略できますよ。

まずは、返済額がいくら減るかだけでも確認してみてくださいね。

借り換えの手順

ステップ1 : 申し込み

借り換え先が決まったら、まずは申し込みを行います。必要な書類を準備して、審査に臨みましょう。

ステップ2 : 審査

金融機関は、あなたの信用情報や収入をもとに審査を行います。審査が通れば、新しいローンが確定します。

ステップ3 : 契約

新しいローンが確定したら、契約を結びます。このとき、手数料などが発生することがあるので、注意が必要です。

ステップ4 : 旧ローンの返済

新しいローンが確定したら、旧ローンの残高を一括で返済します。これで、新しいローンだけが残ることになります。

借り換えに必要な書類

身分証明書

本人の運転免許証やパスポートなどの身分証明書が必要です。これであなたの本人確認を行います。

所得証明書

給与明細や源泉徴収、納税証明書など、所得を証明する書類が必要になります。これにより、返済能力を確認します。

現在のローンの明細

現在の住宅ローンの明細書も必要です。残高や金利、返済期間などを確認するために使います。

借り換えの注意点

手数料と諸費用

借り換えには、手数料や諸費用がかかります。これらの費用も含めて、トータルでどれだけ節約できるかをしっかりと計算しましょう。

審査に落ちることも

審査に通らない場合もあります。借り換えを計画する前に、自分の信用情報をチェックしておくことが大切です。

よくある質問

借り換えにはどれくらいの時間がかかる?

借り換えには通常、1ヶ月から3ヶ月程度の時間がかかります。金融機関の審査や手続きがスムーズに進むことが条件です。

手数料はどれくらいかかる?

手数料は金融機関によって異なりますが、借り換え額の1%から2%程度が一般的です。事前にしっかりと確認しましょう。

審査に通らない場合はどうすればいい?

審査に通らなかった場合は、他の金融機関を試してみるか、現状のローンの見直しを検討してみましょう。信用情報を改善するために、しっかりと返済を続けることも重要です。

節約した分を有効活用しよう

節約できた分でキャンプ道具を揃えてみましょう。

キャンプは家族で共通して楽しめる趣味です!

特に子供が小さい頃は家族でお出かけの予定も立てやすいですが、中学生や高校生になると、部活などもあって家族でお出かけする機会がぐっと減ります。

今だけの特権を存分に使って、家族の思い出をたくさん残してみませんか?

これから借り換えを検討する人は、モゲチェックで現在借りているローンよりもっとお得なプランがないかまずは調べてみましょう!

無料で、来店することなく結果が出るので、忙しい人でも利用しやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました